お客様の暮らしインタビュー

Interview 機能性とナチュラルさを重視した温かな家

諏訪郡原村 Kさま

Kさんご夫妻は2019年9月、原村に新居を建てられました。

現在は6歳と2歳の男の子2人の4人で暮らしています。

お引渡しから約2ヶ月、ご家族の笑顔あふれる新居を訪ねました。

実例写真

お客様のこだわり

ポイント1

機能性とナチュラルさを重点に

「リビングにいると、しみじみいい家だなあと思うんです」。

ご主人がそう話すとおり、白と木目調を基調とした爽やかな空間が広がります。

「飽きのこないナチュラルな空間にしたくて、色選びはこだわりました」と奥さま。

リビングテーブルのランプ型の照明や、特別に壁紙を貼ってもらったという青いふすまなど、そこかしこにご夫妻の雰囲気を感じるあたたかな家です。

長く住むことを考え、外壁は塗り直しの必要がないタイルを選び、屋根は瓦を使いました。

メンテナンスの容易さを常に念頭に置いていたと言います。

お子さんの成長とともに、「子どもが伸び伸びと暮らせるような家を建てたい」という思いから家づくりが始まりました。

ポイント2

共同作業で創り上げた家

「ヤマウラさんの他にも展示場には行きましたが、営業の小松さんが住宅に関して本当に詳しく説明してくださったことや、千葉県にあるお試し住宅にも宿泊体験をさせていただいて、良さを実感して決めました」とご主人は振り返ります。

「なんでも小松さんに相談しましたし、その都度アドバイスをいただきながら一緒につくりました」と奥さまは微笑みます。

リビングのテーブルに座ったときに、八ヶ岳を額縁に入れたかのようにきれいに見える窓や、子供達の書類を留めておける備え付けのホワイトボード、屋根や外壁の材質、収納の場所やサイズなど、小松さんの提案の的確さを住んでみて実感しているそうです。

冬は気温が氷点下になることも多い原村ですが、家の中は暖かいと満足そうに話していただけました。

ポイント3

安心感からくる大満足の家

奥さまは建設中もちょくちょく現場を覗いては職人さんたちとも話していたと言います。

職人さんが住宅の豆知識を教えてくれたり、今どんな作業をしているかなど、丁寧に教えてくれたりしたことが、安心感につながったと話してくれました。

「住み始めてからも、少しでも不安なことがあるとすぐに対応してもらえましたし、担当してくださった方々が信頼できる方ばかりでよかったです」と言います。

「希望は全て叶えて頂きましたし、大満足です」

長く生活にかかわる家づくりを安心して任せられたことがお二人の笑顔につながっているのだと感じる訪問でした。

施工事例集無料プレゼント お申し込みはこちら
施工事例集無料プレゼント
次の記事

一覧に戻る

前の記事

自分らしい暮らしを実現する自然素材の家【ハコノイエ】

一覧に戻る

総合トップページへ戻る

総合トップページへ戻る

ページの先頭へ

ページの先頭へ