新着情報

  • HOME
  • スタッフブログ
  • 【長野市新築住宅コラム】意外と怖い…シックハウス症候群の原因とその対策とは?
Staffblog

【長野市新築住宅コラム】意外と怖い…シックハウス症候群の原因とその対策とは?

2017年9月8日 新築住宅コラム

長野で新築注文住宅をお考えの方は、「シックハウス症候群」という言葉をご存知でしょうか?

シックハウス症候群とは、新築住居内での室内空気汚染からなる健康障害を総称したものです。
主な症状としては、
・目の痛み、かゆみ、充血、目がチカチカする
・鼻水、鼻詰まり
・のどの痛み
・頭が痛い、ぼーっとする、めまい
・耳鳴り
・下痢、便秘   などなど

症状は個人差が大きく、本人にしか自覚できない症状が多いです。
はっきりとした症状がなかったり、次々と賞状が以降していくことも多く、
なんとなく調子が悪くても、それがシックハウス症候群だと気づかないこともあるようです。


【シックハウス症候群の原因】

新築住宅でのシックハウス症候群の原因にいはさまざまな要因がありますが、主に3つの原因が考えられます。

①換気不足
②室内にカビやダニ、有害な化学物質などの原因となるものがある
③室内の気密性が高い


カビやダニは見えないだけで、新築住宅内で生活いるだけで発生してくるんですよ。
エアコンをつけたら、風が臭いなと感じたことはありませんか?
そんな時はエアコン内でカビが発生している可能性大です!

カビの胞子を吸い続けていると、集中力の低下やアレルギーの発症や、からだがだるくなるなどの健康被害が起こることも。


【シックハウス症候群の対策】

新築住宅で手っ取り早くすぐできる対処法は、換気です。


予防のためにも朝起きたら窓を開けて、換気扇を回すこと。帰宅した時も窓を開けて、換気扇を回すことを習慣をつけましょう。窓開けと換気扇の使用を両方一緒に行うことで、室内の換気を速くすることができます。

また、新築住宅で大きな家具やカーテン、カーペットを替えたことがきっかけで、シックハウス症候群を起こすことがあります。この場合にも、窓開けや換気でしっかり対応しましょう。

次の記事

9/9~9/10イベントのお知らせ

一覧に戻る

前の記事

暑い日に食べるカレーはおいしいですね。

一覧に戻る

総合トップページへ戻る

総合トップページへ戻る

ページの先頭へ

ページの先頭へ